饂飩deぱすた

饂飩deぱすた

「饂飩deぱすた」は名古屋市にある吉田麺業の新製品です。吉田製麺は昔ながらの製法、すなわち小麦粉と塩だけで造ることを続けています。その会社のパスタのように饂飩を使うというコンセプトの麺です。
この麺には塩が使われていますので、茹でるときに塩は入れてはいけません。たっぷりのお湯で茹でます。茹であがったら、味見をして塩味がどの程度残っているかを確認してください。その塩加減に合わせて調理をするのがポイントです。
市販の様々なパスタソースをかけるもよし、手の込んだ調理をしてもOK。
これはレシピと言うのは気が引けるけど好きな缶入りソースと合わせてだけです。細麺がよく絡まって結構おいしくいただけました。

広告

饂飩deぱすたのレシピ

饂飩deぱすたのミネストローネ風のレシピの材料

饂飩deぱすた

材料(1人分)

饂飩deぱすた(乾麺)1/2袋(たっぷり食べる人の場合、小食の人は1/3位)
ミネストローネ缶お好みの量
胡椒・バジルなどの香辛料少々

饂飩deぱすたミネストローネ風の作り方

饂飩deぱすたミネストローネ風 その1 茹でる

  1. 麺1/2袋に対し、2リットル以上のお湯で強火で5分程度茹でます。
    point1: 麺はパラパラと1本ずつ落とすように入れると麺同士がくっつきにくいです。
    point2: 吹きこぼれそうになったら大さじ1杯程度のごく少量の水を差します(入れます)。
    point3: ゆで時間は5分が目安ですが、麺に透明感が出てきたら食べてみて好みの硬さになっているか確かめます。
    茹であがったら冷水で手早く冷やしてざるに上げます。
  2. 饂飩deぱすたミネストローネ風

饂飩deぱすたミネストローネ風の作り方 その2 味付け

  • 皿にミネストローネスープを敷き、麺をのせて好きな香辛料をふりかける。
  • 饂飩deぱすたミネストローネ風

    饂飩deぱすたミネストローネ風を作る際のポイント

    通常のパスタとは違い、麺に塩が含まれているので、茹でるときに塩を入れないでください。茹であがったら、味見をして塩味がどの程度残っているかを確認してください。その塩加減に合わせて調理をするのがポイントです。